みんなで支え合い、すべての人が安心して暮らせる町づくり

社協の概要

  • HOME »
  • 社協の概要

概況

1.名称 社会福祉法人六戸町社会福祉協議会
2.設立年月日 昭和63年12月14日
3.法的根拠 社会福祉法第109条
4.役員 理事6名以上10名以内、監事3名、評議員13名以上18名以内
5.所在地 青森県上北郡六戸町大字犬落瀬字柴山3番地の9
6.職員 正職員8名、嘱託職員3名、臨時職員2名、パート職員5名

評議員、役員名簿、職員名簿

本会の評議員名簿です。

本会の役員名簿です

 

六戸町社会福祉協議会  定  款

平成29年1月4日に青森県より定款変更認可されました。

社会福祉協議会とは

一般に「社協(しゃきょう)」と呼ばれています。
民間の自主的な社会福祉事業の中核となり住民が参画して福祉事業を進め、地域社会の諸問題を協働で解決しようとすることを目的とする公共性・公益性の高い民間非営利団体です。
法的には「社会福祉法」第109条「市町村社会福祉協議会及び地区社会福祉協議会」に、地域福祉事業等を推進する団体として明記されています。

 

社会福祉協議会の活動原則

社会福祉協議会は次の5つの活動原則に基づいて、地域の特性を生かした活動を展開しています。

  1. 町民ニーズ基本の原則
    調査等により、町民の要望・福祉課題等の把握に努め、住民の要望に沿うような活動を第一に考え進める。
  2. 住民活動主体の原則
    町民の地域福祉への関心を高め、そこから生まれた自発的な参加による組織を基盤とし、活動を進め支援する。
  3. 民間性の原則
    民間組織として、開拓性・即応性・柔軟性を生かして活動する。
  4. 公私協働の原則
    社会福祉・保健・医療・教育等の行政機関や民間団体等の連携を図り、行政と町民組織との協働・パートナーシップによる活動を進める。
  5. 専門性の原則
    町民の福祉活動の組織化、福祉に関する調査、地域福祉活動の計画づくりなど、福祉の専門分野を生かした活動を進める。

 

六戸町社会福祉協議会の経緯

昭和26年の「社会福祉事業法」の成立により、民間社会福祉活動の強化を目的に全国、都道府県段階で誕生し、市町村まで組織化が進みました。
六戸町では、民生委員が中心となり昭和27年11月に任意団体として誕生し、昭和58年の社会福祉事業法改正により市町村社会福祉協議会の法人化が法制化されたことに伴い、昭和63年12月に法人化されました。

 

六戸町社会福祉協議会の目指すものは

  1. 基本理念
    「みんなで支え合い、すべての人が安心して暮らせる町づくり」
  2. 基本目標
    基本目標1 住民参加で安心の町づくり(地域福祉活動の推進)
    基本目標2 人と人とがつながる町づくり(ボランティア活動の振興)
    基本目標3 人を大切にし、柔軟に対応できる仕組みづくり(福祉サービス利用支援の充実)
    基本目標4 自立した暮らしを支えるサービスの充実(在宅福祉サービス)
    基本目標5 民間性を発揮した社協づくり(組織基盤の強化)

 

社会福祉協議会の目指す地域福祉

地域福祉の目的は、高齢、障害、その他のさまざまな事情により福祉サービスを必要とするようになっても、これまで作り上げてきた家族、友人、知人との関係を保ち、文化やスポーツ、芸術、趣味などの社会的な活動に参加できることで、誰もが自分らしく、誇りをもって、まちの一員としての普通の生活を送ることができるようにすることです。

地域福祉を進めるためには、在宅での暮らしを支援するいろいろな福祉サービスを整備することに加え、地域の人々の結びつきを深めるために助け合いや交流活動を盛んにすること、道路、公園、商店街など誰もが利用しやすいものとすることなど、とても大切です。

地域福祉を実現には、一部の福祉関係の専門職だけでなく、ボランティア活動やまちづくりに取り組む住民の方々、保健・医療、住宅、建設、商工業に携わるさまざまな専門家、団体の方々など、多くの人の協力が必要です。

 

基本方針

基本方針 平成28年度(PDF)

基本方針 平成29年度(PDF)

 

活動指針

第一次活動指針はこちら(PDF)

第二次活動指針はこちら(PDF)      体系図       年度別計画

 

PAGETOP
Copyright © 社会福祉法人 六戸町社会福祉協議会 All Rights Reserved.